愛のある絶対お金が借りれる所と、愛のない絶対お金が借りれる所

不妊治療をやめたい

。お互い一人っ子の30代夫婦です。元々怖がり痛がりの私なので、不妊治療はとても辛いものです。でも子供が欲しい!と頑張ってきました。今年39歳になり、不妊治療も6年目に入り子供は諦めて不妊治療もやめたい一心です。治療費は全て義両親がだしてくれているので金銭面での危機感がなくあと1年・・・あと1年となかなか諦めてくれません。義両親にも訴えたいのですがショックを受けるからと口留めされています。精神的に参ってきました。離婚をして若い人と結婚してくれたらどんなに幸せかと毎日想像します。不妊治療の辛さを訴えるたびに旅行などを提案され「リラックス」してまた頑張ろ!と言われるばかりです。この状態どうしたら抜けられますか?離婚も口にしてますが取り合ってくれません。一度家を出て実家に帰ったのですが、連れ戻されました。《不妊治療》心の傷を抱える方に質問です。

今月妊娠する方法

今年は子宮外妊娠の手術等もあり、地獄のようにつらい一年でした。夫原因の不妊で治療をしてきましたが、私が卵管を失うという残酷な結果でした。卵管を奪われた私は、もう治療をしなければ子供を授かることは100%ありません。なのに不妊治療やめたい、実家に逃げ帰りたい、離婚したいという強い衝動があり、コントロールできません。あまりにもつらいので、今年から夫の実家ではなく、遠方の自分の実家へ帰ることにしました。この季節になると、特に気持ちが不安定になります。私の誕生日、夫の実家への滞在、夫家族の集まり、年賀状、来年の抱負年々抑うつ状態が酷くなっているのが自分でもわかります。どうしようもないこと、しかたないことなのはわかっています。でも夫はホームグラウンド(故郷)で暮らし、自分の甥や姪と好きなだけ遊び、クリスマスプレゼントを楽し気に与える夫をみていると、今はひどく落ち込むんです。結婚前は夫は家族を愛する人と思えていました。でも新婚からレス気味な上、不妊検査拒否され、手遅れな年齢に差し掛かってやっと検査に同意し、手遅れな年齢(私35歳夫43歳)から治療開始しました。

不妊治療を卒業したい

こういったプロセスに卵管切除のダメ押しがあり、夫を責める気持ちが生じてしまいました。「なぜこの人は、自分のこどもを授かるための努力は怠ったんだろう?」「男のプライドって子供を迎える未来よりも尊いの?」「そのプレゼントは流産や子宮外妊娠でこの世に生を受けることのなかった私たちの子供が受け取るべき祝福だったのに。」流産や子宮外妊娠でうけた心の傷が深く抉られて、苦しい感情が溢れてきます。流産や子宮外妊娠でうけた心の傷は妊娠出産でしか治癒できないのではないかと思っています。それなのに、これ以上心が傷つくのがつらく、不妊治療を諦めたいとも考えてます。妊娠出産以外のことがらで、不妊の辛さや、生殖機能を奪われた苦しさから逃れる術はないのでしょうか?結婚9年不妊治療中です。家内が体外受精失敗後はショックが大きく治療再開に向き合えない状態が4ヶ月。当人34歳、家内は38歳。本人の気持ちを傷つけず励まして再開させるにはどんな言葉が良いでしょうか5年前に3度の人工授精を失敗後、体外受精をするのに相当時間がかかりました。基本は女性が精神的にも身体的にも大変なのは十分承知なので強引に続ける事は避けたいのですが、主治医からは1日待つだけでも妊娠・出産の可能性は益々下がると言われているので、何とか励ましながら治療を再開できればと思っております。どなたか同じような経験をされている方から御意見を頂ければ幸いです。不妊ブログをやっている方に質問です。同じく不妊で悩むブロガーの方との交流がある方が多いかと思います。不妊の情報を交換したり、不妊の辛さを共感したり、色々あるでしょう。お互いが不妊であるうちはいいのですが、その交流のあるブロガーさんが妊娠した場合でもその関係は続けようと思うのかがお聞きしたいです。実は私はブログを何年かやっています。

不妊治療やめたいの効率的な8段階の探し方

プロフールには不妊である事を書いていますが、記事の殆どは仕事の事、旦那の事、お出かけした事、日々の些細な事など。不妊治療に関する記事はほぼ書いた事がありません。書いたとしても、「子供は?」と聞かれるのが辛いとか、子供だけの写真の年賀状は嫌とか、病院でこんな非常識な人を見たとか、今はこれを試しているとか、その程度で年に数回でした。不妊の記事が中心のブロガーさんと例えブログ上でも仲良くなりすぎると、もし自分が妊娠した時に辛い思いをさせる可能性が高いかなと思っていたからです。とは言え、プロフィールに「不妊」と書いてあったこともあって、仲良くなったブロガーさんの中には不妊で悩む方も何人かいました。でも、どの方も私と同じように不妊の記事を書くことがそれ程多くはなく、たま〜に不妊の辛さや情報を共感しながらも交流させて頂いてきました。そんな中、今年私自身の妊娠が発覚し、安定期の頃にブログでそれを公表。報告は淡々と、余り嬉しさを表に出さない感じで書いたつもりです。それ以降は、今まで通り日常の記事を書き、自身の妊娠には余り触れないようにはしています。所が、妊娠報告の記事を書いた以降からコメントの数が減った気がするブロガーさんが一人いるんです。私は彼女のブログへ変わらず訪問している事もあってか、彼女もこちらのブログへの訪問が全くなくなった訳ではありませんが。もし仮に私が逆の立場になった場合、妊娠した途端にいまだ不妊である人への気遣いがないような記事が増えたり、マタニティハイな記事が増えたりした場合は関係を切り、

交流をやめたいと思うと思います。

でもそうじゃない場合は、普通に関係を続けれると私自身は思っていたし、そういう方のブログには励まされてきました。とはいえ、考え方は人それぞれ。妊娠に関する記事が無くとも妊娠した私との交流はやっぱり嫌なのかなって思ったりします。非常に残念ですが彼女へのブログ訪問を控えて、このまま少し距離を置いた方がいいのかなと思えてきました。やっぱり避けられていますかね?

コメントは受け付けていません。